オザケンが部屋の一部になったはなし - ディスプレイバー ウッドピン (Seria)【僕のおすすめ】

せっかくかっこいいジャケットのCDを買ったのに、しまっちゃうと背表紙しか見えない。かっこよくディスプレイしてインテリアの一部にしたいんだけど、おしゃれな棚は結構大掛かりに壁に取り付けるものが多いなあ……。

そんな悩みを頭の片隅に持ち続けながらSeriaで買い物していたところ、「これこそは……!」というものに出会いました。

 

f:id:threeoutchange:20170226232200j:plain

 

それがこの「ディスプレイバー ウッドピン」です!

ディスプレイ用のバーがそのままピンになっているので、画鋲と同じくらいの小さな穴が開くだけで、CDや写真を壁に飾ることができます。 

 

f:id:threeoutchange:20170226232208j:plain

壁に取り付けるとこう

 

f:id:threeoutchange:20170226232205j:plain

昨日買ったオザケンの「流動体について/神秘的」を飾りました。7inchサイズのジャケットはCD以上に存在感があってにかっこいい

 

ということで、早速、昨日買ったオザケンの「流動体について/神秘的」を飾りました。持っているCDを見直して、もう2枚ぐらい飾りたいなあと思っています。

あと、自分で部屋の印象にあった色で塗ってもいいなあとも。シンプルなデザインだから、そのままでもアレンジしても使えるのがまたいい。

そんなわけで、この「ディスプレイバー ウッドピン」でまた少しカルチャー色を増した部屋になりました。